ルルドの天使水販売の天月あまつき

誰もがなりうる認知症・種類

誰もがなりうる認知症・種類

認知症とは

認知症は単なる物忘れと違い脳細胞が壊死したりうまく働かなくなってしまう病気です。成人期の起こると認知機能低下のより様々な複数の認知機能障害が出て社会生活に支障をきたします。

認知症の種類と特徴

認知症にはアルツハイマー型、脳血管性、レビー小体型認知症があります。
以下、概要。


画像の説明

日本人の認知症の6割がアルツハイマー型認知症

日本人の認知症の6割がアルツハイマー型認知症と推測できます。
アルトハイマー型認知症は潜伏期間が10から20年といわれ徐々に進行します。脳の神経細胞にアミロイドβというたんぱく質がたまりシミを作り繊維変化し糸く屑状の病変がたまります。高齢とともに発症率が上がります、女性に多いとされています。

最初は側頭葉や空間認識をつかさどる頭頂葉が委縮し始めるといわれていうます。
物忘れ、ミスが増えたり、道にお迷ったり、疲れがたっまっても見られます。
食事の行為事態を忘れたりは要注意です。

MCIでの早期発見を

認知症の手前の、軽度認知障害(MCI)での早期発見が大事といわれています。認知症への移行リスク高い反面、MCIで発症が抑えられるケースも多いとされています。


*認知症の考え肩の変化が重要
これからは・・・誰もがなりうる。なってもその人らしく生きる。
出来ないことがあるのが普通。共に生きる制度つくり。原因を理解して見当をかえる。


認知症を理解して意識の変化が重要です。

コメント


認証コード2516

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional